前の居住者のつけた傷の修理費用まで負担しないために

引越すときの原状回復

新築物件に入居する場合は別ですが、中古物件に入居するときは、入居した時に部屋の各所を撮影し、メールに添付して家主側に送っておくといいでしょう。そうしたことの担当者宛てでなくてもかまいません。そのようなことを扱う担当者がいないことも多いでしょう。自分が送ったという記録が残ればいいのです。送信済みメールとして、自分で次の引越しのときまで保存しておきます。そこまでしないと、前の居住者のつけた汚れや傷の修理費用まで請求されることがあるんですよ!

修復せずに貸しておきながら

前の居住者がつけた汚れや傷を修復もせず、そのまま貸しておきながら、次の入居者が退去するときに、その修復費用を請求するというのは普通にあります。ある程度長く住んでいると、不動産屋の担当者は変わりますので、そういうこともよくあるのでしょうが、請求される方はたまったものではありません。家主側がどうしても請求するとなったら、裁判になりますが、そこまでいかなくても解決できるならそれにこしたことはありません。

証拠提出は家主側の義務だが

裁判の場では、その入居者がつけた汚れや傷だと立証する責任があるのは家主側です。ただ、借り手が証拠写真を持っていたら、査定の場で解決することです。いつ撮ったものか、というのも、メール送信の記録からわかります。家主側はメールを保存していないこともあるでしょうが。借り手は常に用心深くしていないと、本来負担する必要のないものについても負担させられます。そこまでするのは面倒だから支払う、ということが多かったから、家主側は依然こうした姿勢なのでしょう。

札幌中心部は、企業の本社や支社が多く商業施設や飲食店もたくさんあります。都心部から離れた郊外では、住宅地が広がっているため、札幌の賃貸は格安な物件が多くあります。