失敗を防ぐために!賃貸物件を探すために重要となるポイント3つ

更新料が意外に高かった!

賃貸物件を借りる人の中には、更新料が意外に高かったという人が多くいます。不動産賃貸の更新料の相場は、賃料の約1か月分となります。近年ではその更新料を高く取る、不動産会社も増えているため、知識をして知っておく必要があります。近年では更新料としてではなく、事務手数料として他の費用と一緒に請求する事も増えています。更新料の相場は、賃料の約25%か50%が平均となります。また更新料は戻ってこないという事を頭に入れておきましょう。

解約日を確認しておこう!

解約日の通知は一般的には約1か月前が相場となっています。しかし賃貸物件の中には、2か月前の通知が必要となる場合おあり、事前にしっかりと確認しておく必要があります。解約日が2か月前となると、次に住む物件を探すのが難しくなりますので、注意が必要です。物件探しのタイミングによっては、家賃を二重にして払わなければいけなくなる場合もあるため、事前に確認しておく必要があります。2か月前の解約には、退去する際に費用が必要となる事を頭に入れておきましょう。

退去時にハウスクリーニング代は必要?

ハウスクリーニングを必要とするかしないかは、その物件によって異なってきます。中にはハウスクリーニング代を大幅に高く取る事もありますので、注意が必要です。このクリーニング代の差は、その物件の不動産会社によって大きく異なってきます。近年ではハウスクリーニングの費用が記載されている物件も出てきているため、しっかりと確認しておくようにしましょう。退去する際に嫌な気持ちにならないようにするためにも、部屋探しをしている段階でハウスクリーニング代にいくら必要となるのか確認しておく必要があります。

賃貸物件を探すときは、水回りと窓際、押し入れなどの収納を注意してみるようにしましょう。湿気があったり、カビの跡がある物件は要注意です。