事前に住む場所をチェック!賃貸物件を選ぶなら

賃貸物件そのものを選ぶとき

賃貸物件を選ぶ際には、事前に下見に出てみてみましょう。パンフレットや不動産会社の資料では明るい画像のお部屋であったとしても実際は見て、異なる部分が往々にあるものです。例えば、日当たりなどは画像によって大きく実物と印象が異なる部分ですし、部屋の汚れや印象なども同様です。また、あまりにも安い物件だと配管の匂いなどがひどい部屋もあります。賃貸物件を選ぶ際には、しっかりと実物を見ておくと失敗せずに選べるものです。

下見はお部屋そのものだけで済まさないように

見知らぬ街のお部屋を借りるとなるとお部屋そのものの下見も大事です。しかし、それと同じくらいに大事な要素が周辺地域がどうなっているかという点でしょう。駅から近いのかスーパーはあるのか、病院やコンビニ、銀行や郵便局など生活に必要な施設や交通機関などしっかりと確認しておくべきでしょう。自転車が必要かあるいは自動車で何とかやっていけそうな距離なのか知らずに引越してしまうと後々余分な出費が掛り気味ですし、時間も要します。

事前に下見に行かないと、、、、

事前に下見に行かないと、どのような不便が後々待っているのでしょうか?これは、賃貸物件のケースによって大きく異なります。まずは、お部屋の匂いではないでしょうか。そこそこ、古い物件ですと配管の匂いがかなりきつい物もあります。一見部屋内部はキレイでも、配管やトイレ周りは昭和のころの設備と同等な物件って結構あるものです。騒音なども中々、賃貸物件の資料からは伝わりにくいものです。線路沿いにあれば電車の音はしますし近くに学校があれば子供の声などもするわけです。匂いや音は下見に行ってみないと把握できない要素と言えるでしょう。

札幌市東区の賃貸マンションには、テレビモニター付きのインターホンがあるので女性の一人暮らしも安心です。