注文住宅で、理想の家を手に入れる!そのコツと注意点

注文して作り上げる住宅

注文住宅とは、簡潔に言うと自分の理想や要望を業者に伝えてその通りに家を作り上げてもらうことです。人によって和風・洋風という大きな括りから部屋の数や構造など考えることは違います。家は人生の中でも大きな買い物で、財産にもなるので妥協することはできません。一般的に注文すればするほど費用はかかりますが、その分思い通りの家に近づきます。絶対に譲れない部分やそうでない部分を決めておくと、スムーズに事が進みます。

ある程度の知識は必要

注文住宅を建てる上で、ある程度住宅に関する知識は必要です。例えば、洗面所を家の奥まった部分に設置すると風通しが悪くて太陽光も届かないので、カビが発生する可能性が高くなります。開放的な吹き抜けにしようとしても、柱の問題で耐震性が低くなる場合があります。注文した時に業者によって指摘されれば改善できるのですが、お客様の要望を否定しない考えの業者であれば問題点を指摘されないかもしれません。自分の家のことなので、本やインターネットで勉強したいです。

より明確に注文を伝える

業者に注文をしても、出来上がった姿がイメージと異なれば意味がありません。このような認識の違いが発生するのは、注文者が要望を明確に伝えていないからです。例えば、頭の中に浮かんでいるイメージだけで説明すると業者もかみ砕いて理解しなければいけません。なので写真や絵を用いて説明するとより効果的です。業者と打ち合わせをする前に、一級建築士などに相談してより実現性の高い計画を練るのも一つの手段です。後悔しない為に、すべての行動に注意を払いたいです。

注文住宅の魅力として、各自の住環境に関する希望を反映できることはもちろん、住宅そのものの資産価値が高まることが挙げられます。